HOME>ホットトピックス>借金の不安を解決に導くためのプロに相談しよう

目次

隠し事をしない

握手

債務整理はその名の通り、債務(借金)の整理をすることを目的とします。しかし、こうした金銭面のトラブルは法律家(弁護士・司法書士)に相談をして、どのような解決法や策があるのかを助言してもらうことも必要です。債務がどれだけあるのか、消費者金融からの借入なのか、キャッシングやクレジットカードの整理なのか、赤の他人である士業者には包み隠さず話すことが相談者のマナーです。

適任であるプロを選ぶ

お金と電卓

債務整理にはルールがあります。士業者がその方針を決めるものですが、任意整理や特定調停、個人再生や自己破産という手続きがあります。債務の額が少額で、書類作成で事足りるならば司法書士が担いますし、債務に首が回らず、なおかつ不動産などまで競売にかけられる、ブラックリストに情報が掲載されるのなら、弁護士に一任すべきです。

弁護費用を考えに入れる

債務整理で気になるのは、借金しているのに、弁護費用が払えない可能性でしょう。ルールとしては一括払いですが、弁護士によって分割できたり、成功報酬からの支払いというケースもあります。しかし、マナー違反となるのは、貯金などがあることを秘密にしたり、整理する意味を無視したりする内容ですから、金銭的内容は明白にしましょう。

救済をしっかり考えてくれる

債務整理では、債務者を守る法律もあります。全財産が無くならないように、個人再生ができるように、問題の解決を士業者が図ってくれます。借金の取り立て、催促の電話や手紙によるメンタルケアにも携わります。弁護士が介入してからは、取り立ても返済も一時的にストップします。契約を解除できる制度や、払い過ぎた過払い金の返還請求など、債権者から債務者を守ることも担うので、安心して相談(依頼)をしましょう。

広告募集中