HOME>注目記事>選ぶ方法によっても弁護士費用は変わってくる

それぞれに合う方法を見つけよう

男性弁護士

借金の返済が難しくなった場合は債務整理で借金を減額することも考えていきたいところです。借金がすべてなくなる自己破産は有名ですが、このほかにも任意整理や個人民事再生などがあります。自己破産の場合は職業や資格の制限もありますし、価値ある財産を手放す必要もありますが、任意整理や個人民事再生なら仕事にも影響がありませんし、家やマイカーなど大切な財産を手元に残すことができます。借金の金額や現在の収入によっても選ぶ方法は変わってきます。法律の知識がないと手続きを行うのは難しいものがありますので、弁護士など専門家に依頼することも考えてみましょう。この時も借金問題や債務整理で評判の高い法律事務所を選ぶことが大切です。専門家と相談しながら最適な解決策を見つけていきましょう。

借入れ件数や借金の金額を調べる

債務整理を行うのであれば、現在の借り入れ件数や借金の総額を確認しておきましょう。保証人がいる場合はその人に影響が出る場合もありますので、保証人の有無も確認しておきます。専門家に依頼する場合は、まずは相談から行うことになります。面談のほかにも電話やメールなどより気軽に利用できる方法が用意されていますので、まずはそちらから行うこともおすすめです。弁護士に依頼する場合は費用がいくらになるかも気になるところですが、初回の相談は無料というところも多くなっています。まずは気軽に相談し、今後の対策を考えていきましょう。

分割払いができる場合も

債務整理にかかる弁護士費用も選ぶ方法によって変わってきます。任意整理の場合は着手金や報酬金も比較的安くなっていますが、個人民事再生や自己破産となるとより多くの費用が発生します。さらに裁判所の費用も必要となりますので、こちらも確認しておきましょう。返済で困っている人はすぐにお金を用意できないという悩みもありますが、多くの法律事務所は分割払いに対応しています。民事扶助制度を活用すれば、法テラスに費用を一時的に立替てもらうこともできますし、債務整理にかかる費用自体も安く抑えられるようになりますので、活用も考えてみてはいかがでしょうか。

広告募集中