借金の返済に困った時は

相談

名古屋市内に住む人の中には借金の返済が出来なくなり、債務整理をせざるを得なくなった人の姿も多くみられます。弁護士などの債務整理を依頼することで、比較的簡単に済ますことが出来るようになったことから、この制度を利用する人が増えたのですが、それなりにデメリットも生じると知っておく必要があります。間違っても自分が無傷で債務整理が出来ると考えていけません。債務整理の手続きをした場合は、最悪の場合個人の資産は差し押さえられることになる上、長期間に渡ってローンを組むことやクレジットカードの使用が出来なくなってしまうからです。債務整理には4種類ありますが、どの手続きを利用しても、ローンも組めなくなり、クレジットカードの利用も出来なくなります。

任意整理の方法

名古屋で行う債務整理の方法の一つにあるのが、任意整理です。この任意整理は裁判所などの公的機関を利用することなく、債権者と債務者の間で月々の支払い額を少なくしてもらう方法です。裁判所などを利用することがなく、交渉することで負債を軽くしてもらうもので、稼ぎがある人が負債を返済したいと考える人には適切な方法と言えます。但しこの場合貸し手側が納得出来る交渉が必要になり、貸し手側が交渉を拒否してしまっては任意整理の方法を取ることが不可能になります。そのため借り手側も借金問題に強い弁護士を選ぶなどの方法を取ることが、良い結果を生み出すことになって来ます。一般の人が貸し手側と交渉しても、返済金の負担を軽くするには容易なことではなく、弁護士と言う専門家に委託することが最良の方法と考えられます。

個人再生と自己破産の違い

名古屋で行う債務整理で任意整理が成り立たない時には、個人再生もしくは自己破産の手続きを行うことになります。この二つの方法は裁判所を通じて行うものですが、大きな違いも出て来る整理方法です。個人再生では借金の総額を5分の1程度まで少なくすることが出来る上に、住宅ローンが残っている住宅でも手放さなくても良いことになります。また自動車や保険などの財産も手放す必要がなく、3年ないし5年間と言う返済期間が設けられることになります。これに対し自己破産をすると借金がゼロになると言う大きな利益を生むことになりますが、自己の持っている資産は全て処分されてしまうことになります。自宅や自動車、保険更には株権と言った資産も処分されてしまうことになります。この自己破産を希望しても、浪費やギャンブルなどの場合からの申請では免責不許可事由に当たることになりますので、誰もが申請出来るものではないと知っておきましょう。

広告募集中